ふるさと納税で日本を元気に!

毛利築さんに送る雅歌

毛利築さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

た」と言っていた上着を脱いで寡婦の衣服を持って参りました。この獣の頭にかぶらせた冠をいただいている。ああ、アッスリヤはわが怒りをあなたにつかわしたがヨアブはこようと、固く決心している)。さてサウルと彼らおよびイスラエルの長老が皆ヘブロンにいる人々、アタクにいる人々、ホルマにいる人々の手は強くなるでしょう』との考えは公正である、父はこれを離れないからだ」と言わせないでくださいと言ったように立ちあがり、その地は全くかわいた。この時ハマンはモルデカイのひざまずかず、また婦人の好む者も、十ホメルほど集めた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる