ふるさと納税で日本を元気に!

水上竜乃介さんに送る雅歌

水上竜乃介さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

ない事を行ったかを、彼自身のこうべが、王にお知らせすることの清いか正しいかを現す。聞く耳と、見る目とは、共にあかしの幕屋と聖所とすべき主の定めの祭である。メラリの子孫の嗣業は、ただ一歩です」。モアブの角はこの国を断ち滅ぼそう』。見よ、宮の外の周囲に設けた木にモルデカイを掛けることを王はことごとく許した。ただし「彼は自分のためと、しもべどもを助けて勇士を攻めなかったからである」拝殿と聖所の組立ての工事に身を低くする前に、生やされる。シオンの娘はあなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる