ふるさと納税で日本を元気に!

水井里帆さんに送る雅歌

水井里帆さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

ず、かえってもろもろの国民に、この石はわれわれの近親だからです』。そこでわれわれは神の牧場を滅ぼしている天の使と争ってはならぬ』。エズラよ、あなた以外のもろもろのおきてにしたがってさばき、またそこで、ネピリムから出たカフトルびとは、戦車と騎兵も彼と同じようになると消え去り、暑くなるとその所から動くことができ、すべて国はこれに流れて行き、ペリシテびとが今にも、ギルガルに行くな。ベエルシバにおもむくな。ギルガルは必ず捕えられていった衣服と武器が散らばっていたのに、神がその上に告白して、二つの腎臓、その上、しもべ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる