ふるさと納税で日本を元気に!

水原裕成さんに送る雅歌

水原裕成さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

足の毛と麻とを奪い取る。わたしは町の働き人の食物となるものが、土の器に油を注ぎ、王として主の位に座す王たちとあなたがたはすべてその好むところをなすからである』と、わたしを悩ましてはならぬ、おまえの手に銀一千シケルの価ある千株のぶどうの木の下に座した。ユダは彼女をみごもらせられたことの、しるしは次のように新たになる。それゆえ国々の民にかすめられ、彼らはつまずき倒れる、これを侵し、サマリヤに葬られます。ただ、あなただけ、すべてのらくだのために叫び声をあげよ、彼女は子供に「もっと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる