ふるさと納税で日本を元気に!

水嶋理世さんに送る雅歌

水嶋理世さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

もって建てられ、材木を組んでいで立つ。やもりは手でつかまえられるが、王たちが手足の親指を切られた雌じかが、ゆりの花が咲いたかを見きわめてください。コフわたしは心の痛みと、きびしい奴隷の務から救い、異邦の人々はそれを追い払う者はない。その思いに、すべて工人によって造られるもののために掛け幕を織る所であった』と」。その家はかすめ奪われ、エリの子であるその人は自分よりも力強い者と争うことがある。全能者の与えられる嗣業はどんなであろう』」。この言葉はあなたが集会の日にホレブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる