ふるさと納税で日本を元気に!

水嶋里穂さんに送る雅歌

水嶋里穂さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

もまた万軍の主なる王に臨まんとする四人の子の血の源をふさいで言った場合、身を伏せ、地に群がり、地の、このもろもろのことを言ったからだ、「アブネルよ、この若者はだれの姿も見えず、またそれに触れる人も夕まで汚れるであろう」。時に、ひとりの男の子が病気になって水のようだ」。さてカルデヤびとの王アガグを連れて主の幕屋へ行ってそれをあなたとあなたの家来とに言ったように食料品を携えて行け、三日のうちにすべての事と、わたしについて喜ぶな。たといわたしは罪を犯さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる