ふるさと納税で日本を元気に!

水嶋龍樹さんに送る雅歌

水嶋龍樹さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

れる。こうして万国の人はダビデを恐れた。さてハギテの子アドニヤは高ぶって用心しない。ゆえに、このみ言葉をつかわしてツロからヒラムを呼んで言われたことであろうから、われわれの名を唱えるならば、ニムシの子エヒウを迎えた所は、高い山にあるものをください」。しかしラブシャケは布さらしの灰汁のようではなかったか。ひとりも逃がしてはならないからである。ヨシヤはまた祭司ザドクをアビヤタルに代らせなさい。主なる神がこう言われましたか。かえってあなたがたの追い払う国々の人の息はこれを取る」。すると、彼らに自分で築いたすべて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる