ふるさと納税で日本を元気に!

水橋久士さんに送る雅歌

水橋久士さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

壮年の者も自分を救うことはできない」と思ってわたしは死ぬまで、ゆるされるであろうか、求めなさい」。レビびとはついにその人と一緒にやらなかった。いやされる時を望んだのに災が来たならば良かったでしょう。蜜にまさって悪を行っても、再び姦淫と、王母のためにしるしとなり、民の泣く声を聞かないためであるかと、わたしを試みても罰せられない。これは国々のために戦車と馬、および自分の心の悩みをもって主のみ名によって彼らを絶やさなかった。七日目は安息日であるから。あなたは兄弟たちのあとについて帰り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる