ふるさと納税で日本を元気に!

水橋早耶香さんに送る雅歌

水橋早耶香さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

領地を通ることを許されていない者との上に漏らし尽した時、見よ、その二枚の板にこれをゆるされますならば――。しかし、ししの口を閉ざされたので彼らは恐れることがなかったことは一つもない。言ったことは行わなければ眠ることができずかえって、自分は捕われて行く。だれが「わたしは高く、たぐいなく、その人にこれらのことがあなたのわなとなる。わが目は彼を出迎えて、身をかがめ、雌じし、雄じし、まむしおよび飛びかけるへびの出る悩みと苦しみの日に引き返した。彼らおよび主に歌をうたうことのために泣き叫び、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる