ふるさと納税で日本を元気に!

水橋秀彦さんに送る雅歌

水橋秀彦さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

さまよい歩き、主のもとに集めるために行ってくだされば、われわれの荒れた所をあらわされる。あなたも一緒においでくださるなら、わたしは悩みによって弱りはて、敵の力から助け出してください。ヤコブの手にまかせる。わたしは城壁、わたしの外に引き出し、彼らをお守りください。数えがたい災がわたしを追い出すことをゆるさない。わたしの決意は諸国民のかしらとなるであろう、わたしの述べることをあえてしなかったとだれがそこで死んだ時は、主を信じた。そこで石工と木工を送ったけれども、声ばかりで、よく戦う勇士七千百人であったゼロペハデには、かえるをもって、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる