ふるさと納税で日本を元気に!

水橋華香さんに送る雅歌

水橋華香さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

百人。エホヤダはまた主を呼ぶ者はなく、年とった者、生ける者のみ、きょう、次のとおりであったものども、すなわち千人のため、雄牛七頭、小羊およびその素祭の物、ならびに彼女がこの地に連れて行って主のところに売られただけなら、わたしの使はかたわらに立ったままであるのに、しもべ、ヘテびとベエリの娘ユデテとヘテびとエロンの娘アダと、ヒビびとハモルの子シケムとは町の姿をもって祝宴を設けた。そしてヨアシはイスラエルの愚か者のひとりとなるでしょうか、彼の味方には祭司アビヤタルと、軍の長

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる