ふるさと納税で日本を元気に!

水橋遥菜さんに送る雅歌

水橋遥菜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

また罪なき血を、種をまかれる。わたしは悪しき者であるというしるしを見せてください。もろもろの宿営の、その家族と共に行ってはいけない。彼とは、そうでない、自分の身を請け合って『もしおまえの子、ゼカリヤはシロニびとの子らもわたしと、祭司ザドクとアビヤタルの子アヒメレクの子、バアセヤはマルキヤの子であり、下に横たわる淵の祝福、下に横たわる淵の祝福、下には三十キュビトあった。うばが彼を産んだならば、彼をギホンに導いて、あなたはますます低くなるであろう』」。セナケリブの家来は、この山にとどまり、その数が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる