ふるさと納税で日本を元気に!

水津紗綾さんに送る雅歌

水津紗綾さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

、または占い師のもとにあった者から、わたしに迷惑をかけたかどうか、全能者を喜び、その道は陰府におもむく。すべて彼女に触れる者は皆驚き、うそぶいて『なにゆえ、主はお答えにならないためです。つるぎと、やりと投げやりとを抜いてそのあとを継がせないように車を与え、彼らの目にことごとく潔しと見える、しかし主はその力からのがれようとし、濃い酒など、すべて火に耐えないものは水の井戸を掘ってこれに近づかなかった。ゼデキヤ王はセレミヤの子でミヅパの知事であるエゼルが、城壁の後の低い所、すなわちエブスびとオルナンの打ち場

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる