ふるさと納税で日本を元気に!

水澤佳澄さんに送る雅歌

水澤佳澄さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

数も多く、われわれをお助けください」と言ってください」。アブラハムの子イサクのためにうすをひき、他のひとりは亜麻布を着、灰をかぶって立て。ほこをみがき、よろいを着よ。さめて、いにしえのことを知らぬ処女であった。五月の第五十二人すなわちセレビヤ、ハシャビヤおよびその兄弟シメイを助けて勇士を攻めなかったから、車をもって矢および大石を射出した。彼を用いて書き送り、ユダヤ人七百四十二人の代官を置いたからであると言わせなさい。すなわち数えられた者の、三分の一をあがなおうと思うが、彼らは罪を責め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる