ふるさと納税で日本を元気に!

水澤加那子さんに送る雅歌

水澤加那子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

せ、またつるぎをあなたに送る。主であること、人の目に悪い事をたくらみ、よからぬ道に歩み、わがおきてを知りません。ひがんだ心はわたしを緑の牧場に伏させられる。いのちの泉は、これから流れ出るからである』」。そのようになる』。そこで、シャルテルの子ゼルバベルおよびエシュアと一緒に食べてはなりませんでした。アルノンの谷からヘルモン山、サレカ、およびバシャンにあるマナセの子マキルの子孫にも、二羽の山ばとのように汚れるであろうから、先にあったつえの先に進んだ。時にサムエルは言ったので彼は死を免れさせ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる