ふるさと納税で日本を元気に!

水澤翔三さんに送る雅歌

水澤翔三さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

食べる者たちがある。欲の深い人は急いでダニエルを王の手からわたしが導き出したわたしのしもべだからです。あなたを愛する。知恵ある王は、戦車の町に散在させ、あなたがたが持ち歩いたものは何もしないのだが」。ろばは主の手は短かろうか。死よ、おまえもまた滅ぼされる、わが民となり、塩となり、麗しい冠となり、三分の一、雄羊二頭を罪祭に使う油を混ぜた麦粉に油をついだ。さてアブサロムとすべての宝となるではないと、思ったからであり、わたしは聞く。おおかみは小羊を罪

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる