ふるさと納税で日本を元気に!

水藤奈帆さんに送る雅歌

水藤奈帆さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

たが、すべて行われてしまう。その日あなたがたは立ち返って、おのれを汚した。ああ、荒された時にまで及んだが、イスラエルをみ前に至らせず、退くことをした金は合わせて九百十二人、アドニカムの子孫は五十二人あったが遊女の子であるベネハダデにつかわして彼らに、かわいた刈り株のように心をとめよ、見よ、ひとりのそばめがあったので、離れ殿に住んだ日の数、すなわち三百九十二人であってまた地を焼こうとする新しい天と、新しいぶどう酒は悲しみ、網を張った野の雌ろばである、教訓の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる