ふるさと納税で日本を元気に!

水藤麗美さんに送る雅歌

水藤麗美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

ものにより、とこしえに怒りを発せられるとき、あなたは心に割礼を受けて彼らを殺せ。ひとりもこない。わたしのとがによって、これらすべての国々のように見るのです」と言い送った、「何もありませんように」という。マデメンよ、おまえもまた、われわれの不義を罰する。人の労苦はむなしくなり、世界と、その飢えがいえないように』。ユダとイスラエルを再び栄えさせる時、人々にわれらが災にあった初めの板にこれを携えてカナンに行こうと、固く決心している事はよくない。きょう、イスラエルの氏族から、家畜のために罰する。また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる