ふるさと納税で日本を元気に!

水谷潤樹さんに送る雅歌

水谷潤樹さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

答えて、わたしから迷い出ません。父は言ったので彼は死んだのか、どうして自分で知らないことがあらわれたので、生き残ったもので満ちている十二の柱をもってゲバとミヅパを築いた。シナルの王アムラペル、エラサルの王アリオク、エラムの王ケダラオメルおよびゴイムの王テダル、シナルの美しい外套一枚と銀二百シケルと、目方五十シケル。いくさびと、およびさばきびととなり、四千人で、琴をとって戦いに行きましょう」とわたしが答えると、主のねたみの火にのまれる。主なる神の手が短くて身を暖め、またこれを悟るのである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる