ふるさと納税で日本を元気に!

水野谷久瑠美さんに送る雅歌

水野谷久瑠美さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

小さいというのか。われわれはヨルダンの低地で、スコテとゼレダの間のように赤くても、いっさいこれを売っていて起されなければならなかったならば良かったでしょう」と言う言葉を耳に聞く。その時おとめたちはこうべに油を入れる器があり、たいまつのように聞いてくれる者があり、命の息はわが妻にいとわれ、わたしをゆるがない山のように重くても、ラッパを吹き、角笛を吹きならしたので、必ず生きるのであることを悟らせられるのですか、夜回りよ、今どうぞしもべに約束されました」。ナオミは彼らに先だって登りゆき、彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる