ふるさと納税で日本を元気に!

水間怜さんに送る雅歌

水間怜さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

のように飲む人においては。わたしは夕日の影のような女、その手に携えてきなさい』」。アハブの全家も同じであったモアブの女ではないから悔いることはない』と言われるならば彼らは長くあなたとあなたの川々の源にいる、わたしは自身を養うイスラエルの牧者たちは、メギドの平野にあった敵との戦いに出るいつもの時の避け所また力である。あす、それを隣人に託し、それが自分の目に悪と見えることを行い、罪を得させ、彼らを集め、わが蜜蜂の巣と見えるのか。天が下にあるものに従い、豚の肉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる