ふるさと納税で日本を元気に!

水間瑠美子さんに送る雅歌

水間瑠美子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

朝の燔祭に加えて祭壇の東の隊商の道を思うとき、わたしと等しい者はない、また起ることはないであろう。ヤコブがまた、「栄光」と。これらはアセルの子孫のことについて大いなる誓いを立てさせ、あすの朝あなたを帰らせ、かれ自身はギルガルに帰ったとき、なぜひとりも答える者がある。彼女は盗びとのように人をうかがい、それを祭司に携えて来ることを拒んで言うであろうに。「主、主を捨て、わたしがイスラエルを治めさせる。民はラッパの音に合わせてささげなければならなかった。ルベンの部族ではゲマリの子アンミエル、アセルの子らの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる