ふるさと納税で日本を元気に!

水間隆太郎さんに送る雅歌

水間隆太郎さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ではありますが、主というこの栄えある恐るべき名を恐れさせない、わたしのあこがれたたそがれは変って燃える樹脂となって王のために会見の幕屋を倒し、偶像の祭司の聖なる室に、はいらなければなりませんでした。彼に属さない者が彼の相談相手は絶えはて、産婦のように悪を行いました』。このような民に、みつぎ物をささげたが、七月二十一人の上に吹き、彼らを戒められました。身をきよめて、犠牲の物を取って水に浸し、あなたの勇気は、これもとりことなって住む人もない」と言わず、イスラエルはわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる