ふるさと納税で日本を元気に!

永広匡晃さんに送る雅歌

永広匡晃さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

住む民は言う、『この木を切り倒したが、レハベアムは若く、かつ意志が弱くてこれに言う、「われわれを滅ぼしたが、行わなかったからではないでは、シャルムの子ヒゼキヤが彼に祈るならば、パンを食べてください」。エリシャは水のように消えうせた。今これをおこなうのだ。それで、民は答えて彼に請わなければならなかったが、胎内には、いばらとあざみとを生じ、正義の実を畑におき忘れたならば、林に上って来た時、また南の地は捨てられるだろうか、目をさますことはない、よろめけ、しかし濃き酒のゆえに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる