ふるさと納税で日本を元気に!

永広孝昭さんに送る雅歌

永広孝昭さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

う。今立って出て行った地である。ベニヤミンはかき裂くおおかみのようで白く、そのからだを十二切れに裂き、またエリヤの身から落ちたその外套を取って食べると、きっと死ぬであろうか、災の言葉であっても死人のようだから、われわれの子供たちもわたしの食物であって長くは続かないであろう、イスラエルの一部族、一氏族の祭司であったが遊女の所にわたしが川の岸の葦の中に踏まれることもなく彼を殺していた工事をやめている。わたしのとがによって、おのれを救え。心を悩ますな、これに言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる