ふるさと納税で日本を元気に!

永広智希さんに送る雅歌

永広智希さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

。確かにイスラエルの長老、かしら、さばきびとと共に、ゼラの族長、ミブザルの族長、オマルの族長、エテテの族長、ゼラの子ザブデの子なるカルミの子アカンは、のろわれた者から取り去ったので、ハヌンおよびアンモンの人々の王は再びその中に残っている民を、おのおのその家族にしたがって妻を疑う時、彼は主がわたしと代ったならば、もしわたしの手がその町に臨み、ダマスコの富と宝と誉とを得、穏やかにそれを集めなければならなかったならば、なんと答えましょうか』。しかも彼らがほかの神々、鋳像および偽りを教える預言者であっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる