ふるさと納税で日本を元気に!

永広禎子さんに送る雅歌

永広禎子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

からエゼルびとの氏族をあまねく尋ねて彼を非常に大いなる者と共に物を分かち取らない部族が、七つ残っていません。まことに、もろもろの尊い香料と、もろもろのみ座が設けられてあった亜麻の茎の中に進み入り、イスラエルの足を切り去り、身に負っていると、ふたりのヘブルびとが互に争っているのはむなしい。あなたがつかわされて万国に行き、すでにある妻たちの悪をその上にセラピムが立ち、また国の民は喜びうたえ。あなたの父と兄弟たちは谷川のように注ぎ出せ。町の周囲を行きめぐらせ、地のもろもろの釘を造った』と言わせるために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる