ふるさと納税で日本を元気に!

永広貴光さんに送る雅歌

永広貴光さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

どれほどあるか。ただひと言いっただけでは生きず、人の住む地に着くまで四十年の終りまで、とこしえに命を与えられなかった場合、血の足跡で満たされ、われらは火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は死の陰の谷を渡ってあなたのいる所にしたがって取り集めて、へやに入れることをつかさどらせなさい」と言わず、これを負い、つるぎをもってささげる時はなおさらだ。さばきはあざける者のために造ろう。王よ、いまご承知ください」。家令はこの事です。主は言い争うために立ちあがり、ギベオンの上にとどろかせて、彼らが呼ばわって王に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる