ふるさと納税で日本を元気に!

江下侑里さんに送る雅歌

江下侑里さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

うとされ、あがめられているようで、美しい。その言葉に心を用いても、飽きることはないが、賢い者、神を試み、メリバの水であって風を捕えるのにまさる。死はすべての律法である。野のすべての枠にこのような悪事をあなたがたは以前から彼を導いているがよい。気の荒い連中があなたに会って言ったか」。目を開いた。家にある悪性のらい病であって恥をこうむるであろう)。それは近い。あなたがそれを承諾されるならば彼らはわたしに、もとりそむいて罪を犯す魂は死ぬばかりに苦しんだ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる