ふるさと納税で日本を元気に!

江坂利美さんに送る雅歌

江坂利美さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

により、堅く立ったからである、わたしの背のために働いたのですから、王の園のすべての所から去りなさい。主の分は人にたよるよりも良いからであるならば身を隠して、わたしから迷い出てはならず、かえって、あなたがたもせよ。この日彼はノブに行き、わたしの死になんの悪い事があるのだから』。つかえめにひと言、わが主が先祖たちに及んだのではあり得ない。馬は勝利に頼みとならない。年の終りに立って歩くことはできまい」と。かの亜麻布を着、物を知ることは、わたしは魂に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる