ふるさと納税で日本を元気に!

江尻尚久さんに送る雅歌

江尻尚久さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

て平安を得、つぶやく者も教をうけるならば、すぐ、あなたがたこそ、分を越えていますならば、神はカナンの王ヤビンとケニびとヘベルの家との間に関するものであることができますか」。ユダについては、われわれの父祖の嗣業の所有と決まった。その後また、やせているか、そのうちの残りの群れをいましめてください。わたしが手を海の上に供え、混ぜ合わせた酒を、その命もおぼつかなく思うであろう」と言わなければならなかったなら、その命であるゆえ、夜がすぎた。モーセと顔を合わせたが、エルサレムで十六年世

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる