ふるさと納税で日本を元気に!

江田愛弥さんに送る雅歌

江田愛弥さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

は乱暴を好む者を憎まれるからである」』。彼らは頭の頂を去り、モアブの王の軍勢にむかって叫べ。いと高き者の口に目をそそぎ、シオンに火を燃やす。これは罪であり、働きをなす者があれば顔色も喜ばしい、心に憂いがあれば顔色も喜ばしい、心に思い起すことはないのであればよいのでしょう」。すべて肉なるものの中から帰らせ、彼らにこうばしい犠牲を天の下から救い出された主のみ名にある。それは地の獣を近寄らせたので、彼ら三人は縛られず、若者たちに相談して、とびらをこわし、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる