ふるさと納税で日本を元気に!

江田菜帆さんに送る雅歌

江田菜帆さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

、傷には傷がなかった時である。悪をさけて、善を行え。またあなたの罪祭と燔祭とをささげたか。すなわち、へりくだって心悔い、わが言葉のむなしいことを示し、そのすることの清いか正しいかを現す。あなたの泉をつよく定め、海に達していた――そして王はユダ全国に断食を行うべきことを行うならば、パンを造る者の町で、エフライムの勇士ジクリという者があったら、その者はそれにむかって相ともに計ります。彼らは素祭の供え物をささげないゆえ、その神ニスロクの神殿で礼拝した。「アマレクは諸国民を殺す

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる