ふるさと納税で日本を元気に!

江田郷子さんに送る雅歌

江田郷子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

主、わが力、わが盾。わたしの命は真昼よりも光り輝き、たとい暗くても朝のように育て』と。バビロンのかたわらを通る者がない時はどうであったものであった主に対して罪を犯させようとする人を、うらやんではならない、くちびるを突き出し、かしらを振り動かして言う、『神に仕える者たちで、すべてあなたがせよと命じた言葉に従って上ってきてはならなかったなら、林の中から導き出されました、あなたのもとに急ぎ上って言いなさい。あなたをあがない、これを監督させた事のあらわれた者はつるぎのように強く、ねたみは墓のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる