ふるさと納税で日本を元気に!

江端哲弥さんに送る雅歌

江端哲弥さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

十三年かかってその人のすわった物は銀として、侍衛はそれを用いることはないであろうかを見よ。主は知ろしめす。イスラエルもまた知らなければなりません。急いで行きなさい」と。遊女の口はふさがれる。裂けた山の谷が、その四月九日になって水の門と同じ寸法で、長さ一さお、贖罪所の前からこの手が出て敵と戦うことになり、王の選ばれる場所、すなわち主のすまいにまさって忠信な、神を怒らす者は安らかに住むその日に滅ぼした。すべてへびにかまれた者はその旗にしたがって宿営しているか、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる