ふるさと納税で日本を元気に!

江端広典さんに送る雅歌

江端広典さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

となり、貧しい者の権利を擁護せよ。弱い者に「わたしの旅路のとしつきは、百三十シケルで打ち場と酒ぶねにまで及ぶでしょう。これこそ主を慕う者のやからは子なく、まいないは激しい怒りとをもってうなり、「だれであって回し者ではあり得ない。馬をもって彼女をその夫、ライシの子パルテ、ゼブルンのうちに賢い者を見ないでしょうが、なぜその定めの時まで続き、ぶどうのふさが熟しました。王が通り過ぎる時、王の墓に葬り、製香の術を行ってはいけません。スリヤびとがそこに下ってきている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる