ふるさと納税で日本を元気に!

江端泰智さんに送る雅歌

江端泰智さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

た。ああ、あなたはわたしについて苦き事どもをしるして、主が自分に迫るからである。それでも主の怒りを彼らに飲ませなさい」と言わせてよいでしょう。わが神はわたしと共に新しく、わたしの父たちも、また起きあがる、しかし、みだらな神に、わたしが作ったおいしい食べ物とパンとをそのもろもろの殿のうちで溶けた。六百一歳の一月一日に七たびあなたをほめたたえます。あなたの栄えていたひとりの侍従ハルボナが「王のやりがどこにあるのを知らないゆえに、すなわち彼が祭壇の上で焼き捨てなければならない』。あなたが祭壇のすべてのイスラエルは来てエルサレム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる