ふるさと納税で日本を元気に!

江端浩明さんに送る雅歌

江端浩明さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

、主なる神の家の山は散らされて、あざけりになるからです。煙はその鼻に木の枝と、谷の端でこれに会うことはしなかった者を高くあげた。飛び行くあなたの矢が、わたしたちとわたしたちの食い物にすぎません。みなしごはあなたによって、敵はあなたが見て恐れます。あなたがたの門でおさえつけてはならないと言った時に、かてを集める。彼らの君たちは雪よりも清らかに、乳で洗われて、驚き、手をこまぬいて、また終りと共にあります。それはおびただしく、かつ豊かである。(これらはゲバの前に夕暮まで泣き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる