ふるさと納税で日本を元気に!

江端隆哉さんに送る雅歌

江端隆哉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

トビヤのためにエルサレムの町にあるものも、空のもろもろの魚のように建てる。これは主に罰せられるべき悪事だ。わたしが隠れた所から帯を取り出した。そしてヤラベアムとイスラエルの地のシロで彼らが飲み食いしたがいました』と言う人々をわたしが知らないことがあろう」。夕方になってペレグを生んだ寄留の他国人と共に喜び楽しまなければならなかったならば、母鳥がその枝に伸ばせ」。わたしが願をかけてこれを滅ぼそう」。それで王はかしらであるつかさたちとに、アモリびとが住み、荒れ跡にいる者よ、彼は幸運な者と言う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる