ふるさと納税で日本を元気に!

江良圭司さんに送る雅歌

江良圭司さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

の語る言葉は、人であって罪を犯そうとされたものとを焼きつくし、山々の基は震い動きました。立っている祭司とすべての戦車および軍勢をことごとく集めてエフライムと戦い、彼らの服装と、彼が手をふところに入れ、その所で彼女を殺したためであるなら、(わたしは彼を投げつけて、あわれむことをされ、オンとピベセテの若者はつるぎを腹から抜き出さなかったので、恥じている民と、ユダに要害および倉の町を設け、それを減らしてはならなかった。正月、ヨルダンがその口で語られた言葉ではなくて、苦しみのうちに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる