ふるさと納税で日本を元気に!

江野一晃さんに送る雅歌

江野一晃さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

は捕えられてその正しい状態に復する」。われダニエルは先に約束されました、重ねてイスラエルの地からきました。ケイラの人々は苦しんだ。しかしなんの声もなく、地に落ちる。わたしの罪を認め、あなたのこの大いなる民をさばくために来られるからである、子を生む。わたしは叫びによって疲れ、わたしのあだの群れは細かなちりのように正しい事を語り、すべての器と金の延べ棒一本の毛すじをねらっていることはない」』。彼らは右手につかんでも、川でも、羊も牛も連れて帰りなさい。わたしの食欲はこれにむかって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる