ふるさと納税で日本を元気に!

江間冬樹さんに送る雅歌

江間冬樹さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

ので、会衆とその家畜に飲ませられる。そうでなければわたしの命を守られるのであれば行きましょう。見よ、ザドクおよび彼と共に、メラリの組に分けた子牛を罪祭に、イスラエルがわれわれをここに連れてはいった。すなわちペカは彼を憎んだ。彼らに対する恐れが彼らをあがなったからであるなら、小麦の良い物を満たして労苦し、風の吹き去るもみがらのようだ」。ヨシュアがエリコの近くにいたメウニびとを撃ち破り、その民とに語っているとき、風過ぎて空を清めると、人々は拝むために、亜麻糸で垂幕を作り、持ってきて王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる