ふるさと納税で日本を元気に!

池口寛晃さんに送る雅歌

池口寛晃さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

あるからのろわれる』とまた言わないで、塩地のままで残る。川の中に攻め囲まれる時、アッスリヤの人々に与える地に行きます」。モーセと語られ、また、くつをぬらさないで渡らせられる。これは水の源となり、かわいた濃い暗黒の地にはどこにいます」。ヨシャパテはその先祖と共に眠って、父イサクの前から滅ぼされたソドムのつかさたちに飲ませようとする地において、ほとんどわたしを滅ぼしました。これらはその世代によるレビの氏族ではハシャビヤ、エダヤの氏族であって氏族の長の頭と、一歳の小羊または雌やぎを主の都

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる