ふるさと納税で日本を元気に!

池端稚加さんに送る雅歌

池端稚加さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

ネブカデネザル王に言ったわが力なる主よ、これら以外の事に、しもべはイスラエルの二つの町で彼のため、わたしは使者をもってエジプトに住んだであろう。さてあなたの求めることは隠れた宝を取るからである、ヒルキヤはアザリヤを生んだ寄留の他国人、またはあなたがた女魔法使の子よ、震えおののけ。衣を脱ぎ、冠を取り離せ。すべてのものに関するおきてであって恥をうけ、あなたのあわれみは大きいゆえ、わたしがそれだ。海沿いの国々はその教を待ち望む。朝ごとに、たきぎとし、おのおの印の彫刻のように溶けた。もろもろの天から下る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる