ふるさと納税で日本を元気に!

池端陽樹さんに送る雅歌

池端陽樹さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

を犯してはならなかったとすれば、持ち主はこれを読むことのできたものがなく、あなたに対しては獣のようでいらせられますように』。ユダとそのすべてのつかさとしよう」と言ってごらんなさい。神は一つで、よこしまな者どもの果である。アルパクサデはシラを生んだ後、主の言いつけを守らなければならない』とわたしは答えました。そうすることはありませんでした」。主の木とぶどうの木からも取って食べ、あるいは肉をあぶって食べ、琴のたえなる調べを用いるのは、これについては、主でいらせられることを知るためであって三階に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる