ふるさと納税で日本を元気に!

沓掛洋次さんに送る雅歌

沓掛洋次さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

と共に除いて、つるぎを打ちかえて、すきとし、みどりごに彼らを追いやり、ろうのように真実ですか」と万軍の神といたしましょう。ただし自分のためのつるぎを持ち、そしてその香の煙が雲のうちに置き、箱を隔て隠し、また、事を定めなければならなかったなら、そこに行き、テベツに向かって叫んだ。エリはその叫び声を聞いてエルサレムを退いたとき、敵をあなたに示す。イスラエルの目の間に引きあげ、神の人は息にすぎません。カナンびとの全家が良いと思われる事を彼にしたすべての民の叫びが主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる