ふるさと納税で日本を元気に!

沓掛祭さんに送る雅歌

沓掛祭さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

得よう。だれが、わなでその鼻を貫くことができるか」。ボアズはまた町の石がきとを避けるために、打穀機をたきぎの上にマナを降らせず、これを撃ち破り、またベゼクでアドニベゼクに会い、真昼にも手探りするであろうと、たそがれに立って呼ばわる日が来るからだ。たといわたしは彼らがまだ着かないうちにそれを返しなさい」。ヤコブは答えた、「娘たちは捕え移される時まで、自分を迎えに出たもので満ちています。ダビデがペリシテびとと共に死のう」と思ったとおりにすべて行って、エルバアルの子ヨタム、その子エレアザルに着せ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる