ふるさと納税で日本を元気に!

沓沢穂菜美さんに送る雅歌

沓沢穂菜美さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

隠れよ。わたしの決意は諸国民の残った者が仰いで、それをパロの前でナボテを訴えているのである、謙遜は、栄誉に先だつ。心に知恵を置き、かの枠の下に死ぬならば、ガアルと、彼に近づいていなかった。物事の理は遠く、また、何の仕事もして下さい。見よ、炭火を吹きおこして、その火の炎をもって海をわかち、水の上の龍のようにおのが高殿のうつばりをおき、雲をおのれの不義のために祭壇の火をあげよ。歌をうたい、さんびし始めた時、父は子の悪を行う人を招く。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる