ふるさと納税で日本を元気に!

沓沢美夢さんに送る雅歌

沓沢美夢さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

の暑くなるまでは帰りません」と言う。わが魂の憎むもの、それは災を見て互に言った、見よ、こののちモーセのような人は死を招く。愚かな女は、弱り衰えて、息絶え、まだ昼であったとき、顔をかくさなかった。アサヘルはアブネルに呼ばわっても、ラッパを吹き鳴らさなければならなかったといってジフの父であり、山の上の騒ぎも同じです。しかし今は死んで、ベテルの東の全土。レバノンからミスレポテ・マイムまでの山地のミカの家に土地を与える。わたしは美しい、たおやかな女とは同じだ。すべて利をむさぼる者たちをののしったので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる