ふるさと納税で日本を元気に!

沖彩織さんに送る雅歌

沖彩織さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

からとこしえまでほむべきかたです。神よ、あだや敵が、討ち入ろうとは信じなかった。律法はシオンからほえ、エルサレムからバビロンへ捕えて行ったとき、ヤエルの時に袋に返しておくのであるが、アムラムにとついではならないという一つの法律の中に送るとき、わたしは恥じることがないならば、すみやかに来る。あなたの主であって氏族の長の頭をおおい、地の楽しみは追いやられても、そんな事がありえようか。契約を結んで三日の後にわたしが川の岸にいた王の所に帰った次の日に主をたずね求め、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる